田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

ジュニアクラブ・・・

楽しいを貫くこと・・・

楽しいを貫くこと・・・ 楽しいを貫く事って、とても勇気がいります。 試合が絡んでくると、勝ち負けを考えてしまいます。 そんな時、「まだまだだね」って、自分に言う時間を作る。 時々、勝利主義者、競技バドミントンの自分が、芽を出してくる。 それがと…

試合という魔法・・・

試合という魔法・・・ 試合という魔法にかかってしまうことがある。 勝ち負けよりも、バドミントンを楽しむことが一番と。 だけど、試合に出て、試合中や試合で負けて時の生徒の顔を見ると、 勝つ喜び、勝つ楽しさもいいものだよ・・・と伝えたくなる。 久し…

僕のクラブ作り・・・

僕のクラブ作り・・・ 僕のクラブ作りは、目標や憧れをつくらせることです。 ここにこだわりがあります。 そして、下の子たちに負けない意地を持たせることです。 上を見れば、追いつきたい、追い越したい、目標、憧れの先輩、お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる…

練習は「子どもたち自身のもの」なんです

指示よりお願い・・ 「やりなさい」から「やってもらえるかな」「やってくれーえ(笑)」に変えてみるだけで、強制ではなく、自主的に変わります。 準備や片付け、練習の中でも、「こうしたら、こうしてくれたら」を察して、子どもたちが聞いてくれたり、やっ…

バドミントン大好き・・・

バドミントン大好き・・・ バドミントン大好きなんだね。 って教えていると、思います。 その気持ちを大切にしたいですね。 田中信雄

必死で

見ていて楽しいバドミントン・・・ 周りが見ていて楽しいバドミントンが僕の理想です。 必死感満載の練習が、僕の理想です。 スポーツが遊びです。 遊びは、必死でやらないと、楽しくありません。 バドミントンも遊びです。 だから、必死でやらないと、楽し…

3時間練習・・・

3時間練習・・・ あいさつ ストレッチ アップ 筋トレ 基礎打ち 基礎打ち2対1 ラリーノック(ダブルス)60分 試合練習60分 片付け あいさつ 大学生には、ラリーノックにずっと入ってもらいました。 プラス、攻撃ノック練習。 小中校生が、真似をしてく…

一つずつ・・・

一つずつ・・・ 一つずつ練習していく。 出来るまで練習していく。 そういう練習が、僕は大好きです。 田中信雄

友だち(仲間)を大切にする・・・

アンケート・・・ 昔、県のジュニア強化コーチをしていた時、合宿でアンケートをとりました。 1位は、「友達(仲間)がいるから」でした。 この感覚は、大人にはあまりないものだと思います。 競技バドミントンでも、生涯バドミントンでも、バドミントンで…

隣の芝生は青い・・・

隣の芝生は青い・・・ 「隣の芝生は青い・・・」と言いますが、 教え子に関しては、「自分の芝生が青い・・・」と思います。 人間は正直がいいと思います。 他のクラブのこと、自分のクラブのこと、比べたら、 当然、自分のクラブの子が1番です。 僕は自信…

自分力を育てる

どんな練習しようか? 練習の引き出しを持っていれば、生徒に「どんな練習しようか?」って聞けます。 ある程度、指導した後、「どんな練習しようか?」と聞いてみる。 その答えが、教えてきたことです。 ここで答えが出なければ、良い指導が出来ていないと…

「もう一度お願いします」

基礎を大切に・・・ 「基礎練習は裏切らない」というのは事実です。 しかし、「意味のないフットワーク練習が嫌い」というのも本音です。 僕は、「意味のある基礎練習」が大好きです。 フットワークも、試合やショットをイメージしたフットワークは大好きで…

「バドミントンっていいな」

少しずつ、少しずつ・・・ 「バドミントンっていいな」と思う瞬間があります。 バドミントンって、簡単そうで、やってみると、結構難しい。 なかなか思ったように打てません。 だけど、打てた時の快感は、笑顔に変わります。 僕は、この「笑顔」になるために…

みんな一緒じゃない、みんな違う

潜在能力・・・ 誰しもが持っている潜在能力。 これは、練習や年齢、体つきなどの成長によって、表れてきます。 スポーツ指導24年の中で、「伸びる時期」が誰にでもあると分かっています。 これが、1年では0でも、小学校6年間の中では、1年に3回も4…

今日の練習・・・

今日の練習・・・ 前半18時~19時半、5年生以上+中学生女子、10人でした。 「今月は、のんびり目でいこうね」というと、みんな「身体も慣れてきたし、元に戻して、無理そうだったら、休みながらしましょう。」と言っていました。 自分だちでノックを…

うちのコーチ陣・・・

うちのコーチ陣・・・ うちのコーチ陣は、指導というよりは、「自分も一緒に練習する」というスタンスにしています。 だから、子どもたちよりも、練習量、シャトルを打つ量は、多いと思います。 ノックをあげると共に、ノックを受ける。 ちょっとコーチ、大…

スイッチ・・・

スイッチ・・・ スイッチのボタンはどこにあるのだろう? 実は誰でも、ボタンはもっています。 それを押すのは、本人です。 だけど、押したくなるように持って行くのが、指導者です。 試合に負けた・・・ 悔しい・・・ 悔しいときは、もう一度、チャレンジす…

まずは、バドミントンを楽しもう

3か月ぶりの練習・・・ 3月、4月、5月と練習がありませんでした。 その間は、書言葉を使ったメンタルトレーニング、メンタルケア、メッセージなどで、練習の代わりをしていました。 6月から練習再開・・・。 さあ何からして行こう(笑) とりあえず試合が…

12000歩

12000歩 毎日仕事で12000歩くらい動きます。 今はマスクをしての仕事なので、かなりしんどくなります。 まだまだバドミントンは再開できませんが、 再開出来た時、もう暑い時期に差し掛かります。 夏のバドミントン時の体温は40度を超える事がありま…

思うこと・・・

思うこと・・・ 安全に、体力を低下させたくない・・・・ と正直思います。 免疫を低下させたくない・・・ と正直思います。 太陽の下で、安全に適度な運動をさせ、ウイルスと戦える力を付けたいと思います。 ずっと家のいると、大人でも、心のバランスが崩…

親として、指導者として・・・

習い事・・・ 親心としては、週1回1000円で、子どもがめっちゃ怒られ、自信無くすクラブと、 週1回4000円で、子どもがめっちゃ褒められ、自信をつけてくれるクラブだったら、週1回1000円の怒られるクラブの方が、高いと思います。(親として…

それでも僕は君を信頼する・・・ 僕はすごくと諦めが悪いんです。 どの子も、教えている子は、「いつかできるようになる」って信じています。 本人が諦めても、親が諦めても、僕は諦めません。 これを続けていると、本当に、どの子もバドミントンが楽しめる…

クラブのお休み中に出来ることをやってみよう・・・7

クラブのお休み中に出来ることをやってみよう・・・7 こんな練習してみたい。 こんな練習を考えてみた。 生徒からの自分が、自分たちが上手くなるための練習メニューは、僕は大歓迎です。 僕の練習メニューは、平日は90分練習を作ります。 集合までの各自…

「褒める」の正解

褒める指導・・・ 褒める指導を「主」に考えて指導しています。 育成の間は、9割褒める。 強化の場合は、本音で褒める。 強くなると、同じ褒めるにしても、選手自身が求める「褒める」が変わってきます。 勝つ為には、どこまでしなければならないのか、何を…

練習を3倍大切に考える・・・

バドミントンは面白い・・・ バドミントンは面白い。 だけど、上手くなったり、強くなったり、少しずつでもなっていかないと、 面白くない、と僕は思います。 ただ打つだけでも、楽しいかもしれませんが、 打てないよりも打てた方が、きっと楽しいと思います…

ハッピーフラワーバレンタイン・・・準備・・・

ハッピーフラワーバレンタイン・・・準備・・・ 鉢を33鉢用意・・・ うちのクラブは、30人近くいるので、33鉢準備。 花とお菓子(チョコ)をプレゼント。 準備中。 世界では、バレンタインデーに、花を贈ります。 僕も大切な生徒に、花を贈ります。 み…

皆勤賞

うちの子たちの良さ・・・ うちの子たちの良さは、どの子もバドミントンが好きなことです。 ほとんどの子たちが、皆勤賞です。 毎週、元気で素敵な笑顔を見せてくれます。 そういうのが、うちの子たちの良い所です。 田中信雄

思ったよりも・・・

思ったよりも・・・ 生徒に合わせて、ノックを上げると、出来て当たり前だけど、そこからの伸び率は少ない。 しかし、指導者に合わせたノックは、出来ない部分もありますが、出来る部分も多くなります。 「これが当たり前」「君はまだまだ出来るようになる」…

良い所・・・

良い所・・・ ひとりひとり、良い所があります。 そんな良い所が集まって、チームができます。 気持ちを前向きに 良い言葉で 一生懸命やってみる 想いはいろいろあるけれど 優しさがなければ 思いやりがなければ チームにはなりません ひとりひとりの良い所 …

ぐんぐん

いつ勝ちたい? 「いつ勝ちたい?」これって、すごく大切なことだと思います。 僕が一番勝ってもらいたい一つは高校生です。 そこから、ぐんぐん伸びる選手こそが、いい選手だと思います。 もちろん、ジュニアから負け知らずの選手もいます。 それと同じよう…