田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

ひとりごと・・

桃田選手と同じシューズ・・・

桃田選手と同じシューズ・・・ うちの生徒が、桃田選手と同じシューズを勝っていたので、 バドミントン上手くなるんじゃない(*^-^*) というと、とてもニコニコして、嬉しそうにしていました。 実際、とてもよく頑張っています。 憧れってすごいなって思いま…

ロベルト・バッジョという人

ロベルト・バッジョという人 憧れのスポーツ選手と聞かれたら、 迷わず、ロベルト・バッジョと答えます。 当時、イタリアのサッカーがとても好きでした。 守りが固く、だけどしっかりと得点もする。 そういうサッカーがベースで指導もしていました。 テレビ…

体操は楽しく・・・

昔、サッカーをやっていた時・・・ 昔サッカーをやっていた時、ブラジリアン体操が大好きでした。 なんか理にかなったものだなといつも思っていました。 サッカーだけではなく、いろいろなスポーツでも講習会や練習会で、 やってみると、結構楽しいんです。 …

バドミントンは雪だるま・・・

バドミントンは雪だるま・・・ 攻 守り 守りには、守りという攻めがあります。 スマッシュリターン ロビング ハイクリアー ヘアピン プッシュリターン など、一見守りになるショットが、攻撃に変わります。 攻撃に切り替える守りこそが、 試合で勝つためのヒ…

平等性・・・

平等性・・・ 指導している中で、平等に指導するとは、 その子その子に合わせた練習をさせてあげることです。 みんな一緒は、平等なように見えますが、 実はそうではありません。 ノックも、20本でちょうどいい子もいますし、 30本でちょうどいい子もい…

自分ペナルティー

自分ペナルティー・・・ 昔、指導していたところでやってた自分ペナルティーは、 1点取られたれ腕立て10回~100回、負けたら100回でした。 当時、全国選手が7人在籍していたクラブだったので、 1回の練習で、全員とゲーム相手を最低1回ずつはして…

進む歩幅はみんな違います

物事は、何をやるかもあるけれど・・・ 物事は、何をやるかもあるけれど、誰とやるかもあるんです。 どんなに大好きなバドミントンでも、 誰とするかで、変わってきます。 本当にバドミントンが好きなら、環境が変われば、やりたいと思います。 環境が変わっ…

試合をしたがらない子どもたち・・・

試合をしたがらない子どもたち・・・ 試合をすると、勝ち負けがあります。 試合をすると、競争になります。 試合をすると、比べることになります。 最近の子は、試合をしたがらない子が多くいます。 それが悪いとは思いません。 それもありだと思います。 月…

その子その子・・・

その子その子・・・ その子その子の出来たは、違います。 そして成長速度も違います。 だから、出来るスピードも違います。 1年前の君と、今日の君。 君と君と比べてみます。 そうしたらね。 みんなすごくと成長しています。 みんなすごいになるんです。 田…

はじめの第一歩・・・

はじめの第一歩・・・ はじめの第一歩も、 はじめてからの一歩も、 みんな違います。 どこに合わせて、どこに合わせるのか正解かなんて、 本当は違うんです。 みんな違うから、みんな価値がある。 田中信雄 入力H

バドミントンというスポーツ・・・

バドミントンというスポーツ・・・ バドミントン教室をしたとします。 公民館で2時間約1300円 3面、先生3人、交通費、ボランテイア範囲内での謝礼2000円~3000円 ノックでガットが切れた場合の補助2200円×〇本 試合シャトル1時間1本分3…

公認スポーツ指導員・・・

公認スポーツ指導員・・・ 公認スポーツ指導員、有資格者制度は必要だと思います。 プラスして、指導者間の指導把握も必要だと思います。 スポーツは、どこかで勝利主義が重視され、評価されますが、 生徒数も同じように評価されるべきだと思います。 公認っ…

理想のバドミントン・・・

理想のバドミントン・・・ 理想のバドミントンはあります。 基礎打ち、基礎練習のようなバドミントンを普通にする選手です。 そして早いタッチができる選手です。 強い+上手い そしてみていてワクワクさせてくれる選手っていいなと思います。 そういう選手…

バドミントンノートが止まらない・・・

バドミントンノートが止まらない・・・ 3冊半になったバドミントンノート。 実は今まで書いているものを合わせると、 数えきれないくらいあります。 その時々で、想いが違うので、何冊にもなります。 練習メニューも、見直すと、変わって部分と変わらない部…

1球の重みを大切にしよう・・・

1球の重みを大切にしよう・・・ 何時間も練習できていた時、1球の重みなんて考えたこともありませんでした。 今は、指導やノックなどが中心で、シャトルを打てる時間は、 数分です。 本数にすると、基礎打ちの50本くらいです。 みなさんは、1回の練習で…

「コーチを・・・」

強くて上手い選手が好き・・・ 強いけど上手くない子 強くないけど上手い子 いると思います。 強いけどミスする子 強くないけどミスしない子 いると思います。 日本代表や世界で戦う人は、 強くて上手い選手だと思います。 強くてミスの少ない選手だと思いま…

「あげてはいけない点はあげない。0で勝てる相手には0で勝つ」・・・

ゲームつくり・・・ 格下相手だと、そのゲームはコントロールできる。 その差が大きいほど、0に近い点になります。 自分ができること 自分ができないこと 相手ができること 相手ができないこと それを考えると、どこにどんなショットを持っていけば、 得点…

1日練習・・・

1日練習・・・ 12:15 基礎打ち 13:15 講義 14:25 ノック 基礎練習 15:25 休憩 16:40 試合練習 17:40 休憩 17:55 試合練習 18:45 あいさつ 基礎練習中心の練習。

逃げるよりも、追いかける方が楽

分析と確率・・・ 分析は、あくまでも確率です。 しかし、相手が分析してきて、変わらないままでは、 格下にも負けてしまうことはあります。 「あれ、いつもと違う」 これが大切なんです。 接戦になっても、自分がミスしてとしても、2-0で勝つ。 試合で今…

君のあこがれの選手は誰ですか?

君が目指すもの・・・ 夢は大きく思い描くといい。 その夢は、高ければ高いほど、いいと思う。 いつか、憧れの選手と戦ってみたい。 そこから、君のバドミントンは始まる。 こんな選手になりたい・・・。 もありたけど、憧れの選手と戦ってみたい。 もありだ…

結果を出す人は・・・

結果を出す人は・・・ 練習しようがしまいが、努力しようがしまいが、 頑張ろうが頑張なかろうが、実はどうでもいいんです。 試合に勝てるのなら、そんなことはどうでもいいんです。 だけどね、試合で勝つ人は、少なからず、 何かしらのことはしています。 …

試合や練習で・・・

ネットに引っ掛けた時は・・・ 試合や練習で、ネットに引っ掛けた時は、 シャトルを拾う。 自分がかけても、相手がかけても拾う。 そうすると、自分のペースで試合運びができます。 特に流れが相手にいっているときは、 相手がひっかけたシャトルを取って、…

今日の練習・・・

今日の練習・・・ 18:00 自主練習 18:15 あいさつ ランニング ストレッチ フットワーク 18:50 基礎練習 全体 ①ヘアピン 筒を置いて、誰でもいいので2人入ったら次の練習。 ②ロビング 2人筒に入るか、筒を倒すかでクリアー。 ③クリアー・セン…

一緒にバドミントンしていて、楽しくなります

目的と目標・・・ 目的と目標が決まっている子は、 練習も明確なポイントで教えられるので、 教えやすい。 一番難しいのは、勝てたら・・・とか、出来たら・・・とか、 はっきりしていないと、教えにくい。 だから、全国で勝ちたい。 実業団選手になりたい。…

試合で勝つということ・・・

試合で勝つということ・・・ 試合で勝つことは難しい。 と思う時と、簡単って思う時とがあると思います。 バドミントンは、簡単なミスをしないこと。 これにつきます。 田中信雄 入力H

知ってますか・・・

知ってますか・・・ シャトルが同じでも、打つ人が違うと、 シャトルをとらえるときのシャトルの重さって、 変わります。 実業団選手や全国選手などが打つシャトルは、重く感じます。 不思議ですね。 シャトルを打つ時のインパクトが違うので、 シャトルの回…

キラキラの向こう側

瞳輝かせて・・・ 瞳輝かせて、一緒にバドミントンしてくれる子は、 どんどん上手くなっていきます。 少しずつだけど、一緒にバドミントンする子は、 そうなってくれる子が多いです。 逆に、上手いけど、キラキラがない子とバドミントンして、 瞳をキラキラ…

2人一つ

ダブルスは・・・ ダブルスは、2人でシングルスをする感じだと思うと、 楽なのかもしれません。 ダブルスは、1人、1人がシングルスになると、 息があっていません。 2人で一つと思えばいいと思います。 持つイメージを伝えあい共有する。 2人のその先に…

まだ練習する・・・を大切にする

まだ練習する・・・を大切にする まだ打ちたい、まだ練習する。 を引き出せば、上手くなります。 笑顔で、楽しく、バドミントンをしてくれ、 まだまだ打つ。 って、思わせることができれば、 いい指導だと思います。 そういう練習をしていけば、 選手も指導…

楽しいバドミントン・・・

楽しいバドミントン・・・ 楽しいバドミントンは、きっちりした練習だと思う。 上手くなるために、強くなるために、集中して、練習すること、 質の高い練習をすること、 自分のために練習すること、 勝つために練習すること、 向上心があること、 そういう練…