田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

ご褒美・・・

自分のため・・・

 

大好きなバドミントン。

どんなふうに練習していくのか?

 

楽しく練習するのはもちろん、その楽しいってどんなものだろう?

 

基礎打ち。

ミスしたら、ジャンプ3回。

これは監督からの提案。

飽きてきたり、少ないと思ったら、生徒たちがプラスしていったり、

変えていったりする。

 

要は、ペナルティーが大切ではなく、ミスしないことが大切。

 

だから、例えば、全員スタートのダッシュ

強くなりたい子が集まれば、どベ抜けにする。

そうすると、どべは練習が減る。

最後まで残る子が1番練習ができる。

 

ペナルティーからご褒美に・・・

 

そんなチームになったら、強くなるんだと思います。

 

勝ちたい気持ちの作り方・・・虹色の蝶

勝ちたい気持ちの作り方・・・

 

楽しいから始まるバドミントン。

だけど、楽しくなくなったり、今日は練習いいやと思いこともあります。

  1. バドミントンがしたいから、練習する子。
  2. 友達がいるから練習する子。
  3. 先生やコーチが教えてくれるから練習する子。

いろいろだと思います。

 

そんなバドミントン。

そんな中でも、やっぱり、上手い、下手はあります。

強い、弱いもあります。

どこかで順位をつけていると思います。

 

いろいろな教室、クラブなどを指導していて、

まず最初にすることは、一番下手な子を探します。

そして、その子が上手くなり、強くなるようにします。

 

ここで、大体の子は焦ってきます。

明らかに自分よりも上手くない子が、上手くなっていき、試合で負けた日には、

焦りマックスです。

 

と同時に、下手だった子も自信がついてきます。

そうなると、底上げと共に、勝ちたいという気持ち、負けられないという欲が、

出てきます。

 

ここまで行くと、自主練習も意味のある練習、トレーニングになってきます。

自分からそういう行動になるとき、やることは、正しい練習です。

正しい練習、トレーニングを指導することです。

そして、そうなったときこそ、オーバートレーニングにならないようにすることです。

 

中学生、高校生になると、いろいろな人に教わるようになります。

それも踏まえて、ケガなどのも気を使ってあげることも大切です。

 

上手くなるためのベースがきちんとできてこその上達。

しかし、選手は、辛い練習や強度のある練習で、

上手くなっていると勘違いする時期があります。

そこにため息を感じてしまうことは、自然の流れです。

だけど、子どもたちは、それを言葉にします。

 

指導していて、一番簡単なのは、基礎打ちが出来てきてからです。

基礎打ちが出来てくると、誰でも指導できます。

基礎打ちができるまでが、実はとても大変なんです。

 

これは、小学生も、中核性も、高校生も、大人も、すべて同じです。

基礎打ちができるまで教えてくれた人が、一番大切な人です。

 

基礎打ちが出来るようになると、

基礎打ちはもちろん、パターン練習もできるようになります。

ノックや、ゲームもできるようになります。

こうなったら、ぶっちゃけ誰でも教えられます。

 

氷山の一角。

基礎打ちができるまでが、氷山の海の下です。

そして、基礎打ちが出来るようになってからは、氷山の見えるところです。

 

なので、初心者、初級者こそ、優れた指導者が指導すべきです。

中級者、上級者になると、指導よりも、練習強度や練習意識、練習内容です。

そして、練習相手や練習パートナーです。

 

どれだけ走るか、どれだけトレーニングするか、どれだけ負荷をかけるか、

指導者のやることは、オーバートレーニングになっていないか、

練習メニューの提示、気持ちの面でのケアになります。

 

気負いすぎだと思えば、冷静さを指導する。

そういうのも、試合で勝つためには必要になります。

 

上手い子、出来る子に目が行き気味ですが、

出来ない子ほど、下手な子ほど、チームにとって、大切な存在です。

 

亀とウサギ。

ウサギばかりいる中で、コツコツ歩いて進むカメは、

時として、ウサギを抜いていくこともあります。

 

例えるなら、

青虫→さなぎ→蝶とかの方が好きです。

みんな青虫の時期がある。

みんなさなぎの時期がある。

みんな蝶になれる。

だけど、それにかかる時間はみんな違います。

 

もしかしたら、青虫の時期が長い子の方が、さなぎの時期が短いのかもしれません。

 

もっと例えるのなら、

青虫→さなぎ→蝶→さなぎ→青虫→さなぎ→蝶など、

蝶からさなぎの戻ることもあってもいいと思います。

 

真っ白な蝶が、さなぎに戻って、虹色の蝶になるかもしれません。

 

続けていれば、どこで芽が出るかなんて分かりませんからね。

 

田中信雄 入力H

バドミントンは何のためにしていますか?

バドミントンは何のためにしていますか?

 

試合に出ても出なくても、バドミントンは楽しめます。

試合に出て楽しむ競技者も、試合に出ないバドミントン愛好者も、

健康作りの人も、みんなバドミントンが大好きです。

 

そして、共通していることは、「笑顔でバドミントンをすること」だと思います。

 

ノックっていいんです。

初心者なら初心者なりに、中級者は中級者なりに、上級者は上級者なりに、

同じコートでも、レベル別にノックできるので、

ノック練習っていいんですよね。

 

パターン練習や試合委はレベルを分けた練習。

ノック練習は、レベルを分けたノック。

ノック練習は、コートを分けない方が、

初心者は、上手い子と練習を見れますし、

上手い子は、下手なところを見せられないプレッシャーが出てきます。

 

出来る子も出来ない子も、みんな自分の練習。

意識さえ高ければ、練習強度、練習内容は、どれだけでも高くできます。

 

要は、どんなバドミントンをしたいかが大切なんです。

 

田中信雄 入力H

1番を目指せ・・・

チーム力・・・

 

個の集まりがチームであり、チームこそが個を生かす。

 

1人の力よりも、チームの力の方が、より可能性を秘めている。

チーム全員が、考え、協力し、個を生かしていければ、

個々が伸び、チームはさらに強くなります。

チームが強くなると、個もさらに強くなります。

 

生徒が自ら勝つという目標、目的に向かえば、

その生徒たちは、必ず伸びます。

 

個人は、チーム順位があれば、ライバルです。

しかし、団体は仲間です。

みんなで強くなることが、仲間の力を引き出します。

 

単純に、みんなで1番を目指せばいいんです。

全員の意識が1番になりたいと、練習していけば、

個人もチームも1番になれるはずです。

 

田中信雄 入力H

 

 

瞳キラキラしちゃうよね・・・

瞳キラキラしちゃうよね・・・

 

前に幼児のバドミントンを指導したとき、

みんな瞳をキラキラさせて、バドミントンをしてくれました。

「こんなん出来る?」

「やってみる(*^-^*)」

「すごいね、出来たね」

にこにこ(*^-^*)

 

教えている時、無理して褒めなくてもいいと思うんです。

ただ、出来たことは、いっぱい褒めてあげたいんです。

 

褒めてあげた後、もっと難しいことをしてみる。

出来なくてもいいんです。

チャレンジすることが大切なんです。

 

チャレンジすることが、素敵なことなんです。

 

田中信雄 入力H

 

必死でやらない練習って楽しいの?

必死でやらない練習って楽しいの?

 

出来る、出来ないではなく、

必死になって、頑張らない練習って、何が楽しいの?

必死でやらない練習って何が楽しいの?

 

「やれない」と「やらない」とでは、

全然違います。

 

ノックを待っている時間、並んでいる時、

ステップ練習できますよ(*^-^*)

 

ゲーム練習で待っている時、見ながら、

筋トレできますよ(*^-^*)

 

練習時間をどう精一杯使うかは、君次第。

君次第で、練習はいいものになる。

 

明日の君は、今日よりもっと強くなるよ(*^-^*)

 

田中信雄 入力H

練習・・・

練習・・・

 

基礎打ちも

ノックも

パターン練習も

ゲーム練習も

疲れない練習は練習じゃない

疲れない程度で抑えてする練習は練習じゃない

 

どれも本気でフットワークを使って必死で練習したら

3分で息が上がり 5分で足に来ます

そういう練習をしていかないと

試合で勝つことは出来ない

 

そういう練習をしていく子が勝てる選手だと思う

 

田中信雄 入力H