田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

ものすごい才能を持った子

才能ある子・・・

 

団体競技個人競技とでは違いますが、バドミントンを選ぶこの中には、

他種目よりも才能ある子がたくさんいます。

現に、世界で戦い、上位にたくさんの選手が入っている事実は、

多種目よりも多いと思います。

 

オリンピックで、金メダルに一番近い競技、それはバドミントンも一つに入っています。

競技人口が多い競技は、人数が多い分、才能ある子も発掘しやすいです。

近年、バドミントンもその一つです。

 

今の時代、運動能力がある子は、バドミントンには来ない。

という考え方は、正直、古いです。

運動能力がある子が、ちゃんとバドミントンを選んでいます。

 

団体競技は、自分の得意分野で勝負できます。

個人競技は、オールラウンドプレーでなければ、勝てません。

その差はありますが、

バドミントンを選んでくれたこの中には、ものすごい才能を持った子が、

実はたくさんいるんですよね。

 

田中信雄

2日続けての1日練習・・・

2日続けての・・・

 

2日続けての1日練習。

僕の練習はとにかくシャトルを打たせます。

  1. 辛い顔をしない。
  2. マイナスの言葉を言わない。
  3. とにかく笑顔でバドミントンを一生懸命楽しむ。
  4. やらされる練習ではなく、やる練習をする。
  5. 自分で考えて、練習する。
  6. 目標は、日本一、世界一、宇宙一、どれでもいい。

 

練習は、監督やコーチの為にするものではありません。

自分の為にします。

 

だから、目標、目的、夢が必要です。

 

日本一になるには、日本一練習する。

世界一になるには、世界一練習する。

宇宙一になるには、宇宙一練習する。

 

僕、私、一番になりたい。

と思えば、監督、コーチに「一番にしてください」って言えばいいんです。

監督、コーチも一番の指導をするように、一緒に勉強し、学び、練習すればいいんです。

 

生徒を育てるのは指導者ですが、指導者を成長させるのは生徒です。

 

一緒に頑張れる、師弟関係が必要です。

 

田中信雄

今日は特別練習

1日練習・・・

 

 9時~12時 7人

12時~15時 7人(延長17時)

 

  1. あいさつ
  2. アップ
  3. ラケットワーク
  4. フットワーク
  5. 基礎練習
  6. シングルスノックor5点ゲーム
  7. ゲーム練習
  8. あいさつ

 

  1. あいさつ
  2. 基礎練習
  3. 田中ノックorゲーム
  4. ゲーム練習
  5. 休憩
  6. ゲーム練習
  7. あいさつ

 

今日は特別練習でした。

みんな本当にバドミントンが好きなんだと思います。

 

田中信雄

尊敬・・・

尊敬・・・

 

尊敬はさせるものではなく、されるものです。

正直、あんまり興味がないことですが、

目上の人には敬意を持ち、目下の人には思いやりを持って接する。

外に出た時、困らないように、当たり前のことは、

教える必要があります。

 

敬語を使うことと、尊敬することとは違います。

しかし、場合によっては、敬語を使うことは、マナーです。

 

先日、手投げノックをしている時に、生徒が打ったシャトルが当たりました。

その時の対応が、あまりにも悪かったので、

「まず、すみません、ごめんなさい」など、申し訳ない気持ちを伝えることをちゃんとしなさい。と言いました。

 

朝、人と逢って「おはようございます」というように。

夜、人と逢って「こんばんわ」というように、

ありがとうとか、ごめんなさい、すみませんが、

瞬間瞬間で、自然に言えることは、とても大切なことなんです。

 

例えば、ダブルスで試合中ミスしたとき「ごめん、お願い、ありがとう」と自然と言えるがどうかって、とても大切なことなんです。

 

これが出来る人と、出来ない人とでは、プレーヤーとしても違うんです。

勝てる選手は、自然と言葉に出来るんです。

勝てない選手は、言葉に出来ないんです。

 

これって、技術ではなく、人間性です。

人間性がないと、勝てる選手にはなれません。

 

言葉が自然と出てくる。

それが、いい方向へと進んでいく。

これって、ものすごく大切なことなんです。

 

田中信雄

バドミントンだけど、バドミントンだけじゃない・・・

バドミントンだけど、バドミントンだけじゃない・・・

 

バドミントンを通じて出逢い、一緒にバドミントンをしているけど、

バドミントンをしていなくても、大切な教え子には変わりありません。

 

スポーツ系でも、文化系でも、その他のことでも、

バドミントンをしている教え子が、大切ではなく、

その子自身が大切なんです。

 

社会に出た時、好かれる人になる様に、

生きる糧でも自信になる様に、

僕との出逢いが、バドミントンであっても、

バドミントンがなくても、

教え子は、ずっと応援しています。

 

バドミントンだけど、バドミントンだけじゃない

これって、僕の中では、とても大切なことなんです。

 

田中信雄

 

 

一緒にバドミントンする人って大事です。

誰とバドミントンするか?

 

バドミントンをする。

よりも、

誰とバドミントンをするか。

の方が大切なんです。

 

練習するその時間、大切の想える時間になると、

バドミントンも楽しくなります。

 

一緒に練習していて、居心地がいいとか、

すごくといい気分とか、そういうのが大切です。

 

バドミントン楽しくしていますか?

結構、一緒にバドミントンすす人って大事です。

 

田中信雄