田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

いろいろなバドミントンがあっていい

ある子も言葉…

 

小学校2年生の時、半面の試合で、一桁で勝って優勝したから、

「オレ、めっちゃ強いじゃん」って思ってた。

3年生になった、全面の試合に出た時、一桁でコテンパンに負けて、

「オレ、めっちゃ弱いじゃん」と思って、もう試合に出たくないと思った。

 

だけど、週1回の楽しいバドミントンは続けた。

バドミントンが嫌いになったわけではなかったし、

週1回、楽しくバドミントンが出来るだけでよかった。

 

クラブの中では、打てる方で、それで満足できていた。

 

5年生になり、同じ学年の子が二人は言ってきた。

1人は、初めてラケットを握る子、

もう一人は、インドネシアで2年くらいバドミントンをしている子だった。

 

その二人は、バドミントンにどんどんはまっていった。

そんな二人との出逢いが、変えてくれた。

 

そして、試合に出てみようということになった。

内心は乗り気ではなかった。

またあんな風に負けるのが嫌だった。

 

今までは、同級生と一緒に試合に出ることがなかった。

だけど、今回は、違う。

それがとてもよかった。

そして、久しぶりに出た試合も、初心者大会だったけど、

勝つことができた。

 

そしてこの1年、いろいろな試合に出て、

今の自分がある。

 

通常練習は、最高学年でキャプテン。

強化練習、特別練習は、中学生などいるから、勝てない相手もいる。

 

負け続けるとへこむし、勝てると気持ちが前向きになる。

バランスのいいところで練習ができている。

 

6年生になって、

中級者大会シングルス3位入賞

中国選抜大会ダブルス男子ベスト4

ダブルス大会中級(ミックスで出て)優勝

少しずつだけど、自信になっている。

 

この勢いで、中国大会予選に臨みたい。

 

余談・・・

 

いろいろな子がいます。

試合を中心に考えると、バドミントンをやめてしまう子もいます。

試合に出なくても、バドミントンを続けていてくれると、

もう1回試合に出てみようかな、というチャンスも出てきます。

 

試合に出ること、試合で勝つことも、バドミントンですが、

週1回バドミントンを楽しむことも、同じバドミントンです。

勝ち負け関係なく、試合に出てみようというのもバドミントンです。

勝ち負けが成果ではなく、

その子自身が、「前よりも頑張れた」と実感してくれれば、

それが成果です。

 

そんな時期を超えて、勝ちに行けるレベルになったら、

勝つためのバドミントンをするのも、バドミントンです。

 

いろいろなバドミントンがあっていい。

 

田中信雄 入力H