田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

本当は・・・パパと私のバドミントン日記

 

本当は、君が上手くなって、強くなって、試合で勝ってくれたら、嬉しいんだ。

こんな本音を言える日が、いつか来ると思います。

 

楽しいとか、頑張るとか、今はそれがとても大事です。

試合に出るようになって、悔しかったり、落ち込んだり、涙したり、時には喜んだり、これからいろいろな気持ちになっていくと思います。

 

「好き」がないとやっていけないけれど、「好き」だけでもやっていけない。

競技スポーツってそういうものなんです。

 

勝ったら自信になる、負けたら自信を無くしてしまいます。

勝ち負けって、ものすごく大切なんです。

それを分かった上で言います。

 

今は勝ち負けよりも、基礎をしっかり頑張りなさい。

基礎がしっかりしている子は、必ず成長します。

基礎力が大きければ大きいほど、今後勝てる試合が増えてきます。

 

今の君に、「勝ち負けだけ」を求めません。

僕は君が、「今」ではなく、「未来」で勝つことを望んでいます。

これが本音です。

 

「今の100%」だけど、「未来の君の30%」くらいがいい。

小学生で30%、中学生で50%、高校生で80%、その先に100%があればいい。

これが僕の考え方です。

理想は、高校生で余力を残して、ジュニア世界一。

これが理想です。

こういう選手、まだまだ伸びしろがある選手がいいんです。

 

目標順位を決めて練習する。

小学生、中学生、高校生、その上と、理想の順位を明確にシュミレーションして練習していくと、目標も目的も分析も見えてきます。

 

君の夢が僕の夢。

夢が、理想が、形になったら、いいな。

 

田中信雄