田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

超レアなこと・・・

超レアなこと・・・

 

いつもはイスに座る時は、サイドコーチが多いですが、

今日は、いろいろあって、区民大会での審判。

話せば長くなりますが、

東京オリンピック線審をされた、広島県の林さんという方が、

うちの中体連クラブのコーチなので、

人数が足りないということで、区民大会の審判に行ってきました。

 

3級審判員は持っているんですが、

ジュニアのコーチ、中学校の顧問の先生、高校の顧問の先生、

大学や実業団の監督さん、

どのくらいの人がちゃんとした審判を出来るのでしょうか?

 

僕も20年以上前に資格を取りに行き、

実は、毎年少しずつ変わるルールやコールに、自信がありませんでした。

 

実際に、ジュニアなどの審判講習会もやりますが、

100%あっているかと言われれば、自信はありません。

ですが、そういう人、教えられている人の中でも、

実は多いと思います。

 

だからこそ、選手と一緒に、もう1度勉強してみるものいいものです。

選手と一緒じゃなくてもいいです。

勉強はしておいた方がいいです。

 

実際に、県でトップの選手がちゃんと線審が出来ていないのが、

現実だと思います。

 

僕自身も踏まえたうえで言います。

毎年、勉強してみる。改めて教えてもらう。

これってものすごく大切です。

 

毎年変わるちょっとしたことは、やらないと分かりません。

教える方が知らないなんてこと、本当にあります。

経験者は語ります。

 

めったに審判をやることはありませんが、

だからこそ、毎年見直す、学びなおす。

本当に大切だと思います。

 

こんなこと、本当は言いにくいです。

偉そうにはしませんが、教えている立場として、

聞けないことってあります。

だからこそ、気持ちをフラットにして、

教えてもらうこと、勇気をもってやっていきましょう。

生徒のため、生徒にためです(*^-^*)

 

田中信雄