田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

市大会から分析するノック

市大会から分析するノック

 

県大会や中国大会、全国大会に出る子は、

速いノックスピードで試合をしています。

もちろんテンポがあるので、

ゆっくりなショットを交ぜた上でも速いショットなので、

さらに速く感じます。

 

そのレベルでのノック、そして対応が出来ないと、

そこでは勝てないので、試合よりも速いテンポでのノックが必要になります。

パターン練習では、3対1,4対1でのパターン練習が必要になります。

 

「こんなの来ないよ」が来るんです。

来るんだから、対応しないと勝てません。

勝つためにはそのテンポでの試合対応が必要になります。

 

思った以上に強いし、思った以上に粘るし、思った以上に上手い、

これが試合相手です。

それこそ、全国大会を目指して練習していないと、県ベスト8も厳しいです。

その意識、レベル、内容でやっていかないと本当に勝てません。

それを選手が理解してくれればいいですが、勝てない子は理解できていません。

そういう部分も強化していく必要があります。

 

田中信雄