田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

名将とは・・・

名将とは・・・

 

名将とは、勝つ練習をやりぬける人だと思います。

勝つためのやらなければならない基準は、あります。

そこまで達せないと勝てません。

そこを妥協しない指導者が名将だと思います。

なので、僕は名将ではありません。

選手に合わせ、甘くなり、妥協し、勝てないと分かっていても、

続けてくれるバドミントンを選んでしまいます。

本当に甘々です。

 

名将は、違います。

勝てる基準を妥協しません。

だから、やる子、ついてくる子がその基準に達し、勝つことができます。

そこについていく子、達する子は、一握りです。

 

ただ、僕も1つの顔で教えているわけではありません。

話しをして、勝ちたいという子には妥協しません。

僕基準で練習します。

それが月曜練習、特別強化練習です。

そこでは、勝つために必要な基準で練習します。

ついてこようとしない子は、来なくていいよと言えます。

ついてくる子に教えます。

 

選手も本気だから、僕も本気です。

叱ったり、怒ったりはありません。

勝つために必要な基準を超えた練習を楽しくこなしていくだけです。

きつい、しんどいなんて当たり前です。

そこに「バドミントンが大好き(*^-^*)」が勝つ子だけが、

その基準を越えられます。

 

きつい、しんどい練習を楽しくすることって、

本気でバドミントンが好きでないとできません。

そういう子が、壁の向こう側に行けます。

 

シャトル拾いをしてくれる保護者が、僕にシャトルを渡し忘れるくらい、

見入ってしまうくらい頑張ります。

(特別強化練習だけは、人数少ないので、

 保護者の方にシャトル拾い、シャトル渡しをしてもらいます)

 

ダブルスをしている子は、ダブルスで勝つためにシングルスをする。

スングルスをしている子は、シングルスで勝つために、ダブルスもする。

 

そして、月曜日練習は、妥協しない。

選手も、保護者も、僕も妥協しない。

だけど、みんな楽しくバドミントンしてくれる。

「できないなら、やらなくてもいいよ、来週から来なくてもいいかから」

なんて普通に言いますが、

「強くなりたいから、出来るまでします」と返ってきます。

 

練習は自分のため、自分が強くなるためです。

ノックでは、「まだやる、まだできる」となかなかみんな譲りません。

僕も妥協しませんが、選手も妥協しません、保護者も妥協しません。

やれるだけ頑張る。自分が頑張る。

僕は名将ではありませんが、この日だけは、

選手が僕を名将にしてくれます(*^-^*)

 

田中信雄