田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

1球の重みを大切にしよう・・・

1球の重みを大切にしよう・・・

 

何時間も練習できていた時、1球の重みなんて考えたこともありませんでした。

今は、指導やノックなどが中心で、シャトルを打てる時間は、

数分です。

本数にすると、基礎打ちの50本くらいです。

 

みなさんは、1回の練習で、試合も含め、

500本から2000本くらい打っていると思います。

もしかしたら、もっと多いのかもしれません。

 

試合で勝っている子、上級者の方は、1球1球を大切に打っていると思います。

中級以下の方は、どうでしょうか?

1球1球を大切に打っていますか?

簡単なミスをしていませんか?

 

たまーにやってみるといい練習です。

 

今日は、〇〇本しか打たない、打てない、という練習です。

例えば、今日は100本とか50本しか打てない、とします。

100本中の1本ってどうですか?

50本中の1本ってどうですか?

 

試合に置き換えると、その1本が負けにつながる1本になるかもしれません。

 

例えば、21本ミスをしたら今日の練習はお終いでもいいんです。

21本×2回ミスしたら、お終いでもいいんです。

 

出来ないから練習する練習も、出来ないと練習できなくなる練習も、

どちらも大切だと思います。

 

1球の重みを大切にして練習すると、

君は今よりももっとバドミントンが大切なものになります。

上手くなれないなと悩んでいたり、落ち込んでいたりしている人へ。

 

この1球を大切にして練習しよう。

こう思うだけで、練習は変わります。

 

やってみてください。

 

田中信雄 入力H