田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

勝つことを望むのなら・・・

勝つことを望むのなら・・・

 

ミスをしているのか、

ミスをさせられているのか、

これって、大きいです。

 

ミスをしている選手は、練習したからといって、ミスがなくなるかどうかといえば、

確実になくなるとは限りません。

ミスをさせられている選手は、相手が変わったり、状況が変われば、

ミスしない可能性があります。

 

一番大変な選手は、

攻めたり、つないだり、守ったりした時、チャンスが来た時にミスする選手です。

それも、60%~70%決められるけど、

30%~40%決めなければならない所でミスをする選手です。

 

こういう選手は、実力で勝っていても、落とし試合があります。

こういう選手が、実は一番厄介です。

このミスが、10-5でのミスならまだしも、

20-19ならどうでしょう。

29-29なら、20-21なら、負けてしまいます。

 

どこでミスをしてしまうか分からない選手ほど、

試合展開が読めない選手はいません。

 

つなぐところはつなぐ。

決めるところは決める。

勝つことを望むのであれば、大切なことです。

 

入力H