田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

田中バドミントンクラブ広島・・・

田中バドミントンクラブ広島・・・

 

参加資格は、ただ一つ。

監督の話しを聞けること(^◇^)

募集はしていませんが、現在定員いっぱいです(笑)

木曜日は、幼児から6年生まで。

当番はありませんが、8歳以下の子は、保護者がついてもらう必要があります。

 

火曜日は、県登録の小学生、と中学生以上。

 

強化練習は、田中バドミントンクラブ広島に所属している子限定。

 

その他の強化練習も、所属限定です。

 

使用シャトルは、エアロセンサー700か、ニューオフィシャルです。

うちはバドミントン教室なので、良いシャトルを使わせてあげたいので、良いシャトルにしています。

 

監督の考え方・・・

 

練習は自分の為にするものです。

2時間、3時間、5時間など、練習時間がある中、

その中で、選手がどう練習していくかは、選手が決めます。

練習モードになるまで、待ってあげる。

 

高学年や中学生以上には、準備が出来たら言いにおいでといいます。

監督主体で練習していくのは簡単です。

だけど、それは、「選手の考えて練習する」にはなりません。

 

ここに保護者が入ると、急がせます。

急がせると、選手たちは困りません。

指示を待つようになります。

そうなると、自分で決めて物事をしなくなります。

 

子どもはみんな天才です。

その芽を切っていくのが、考えさせないことです。

イデアが出るまで考えさせる。

そこまで待ってあげる。

イデアが出たら、任せてみる。

やってみて、やらせてみて、一緒に考えていく。

 

子どもはみんな天才です。

いいアイデアを考え、それを出してきます。

それを待つ時間は、大人にはあります。

 

例えば2時間、何もしなかったね(^◇^)

何もしなかったという現実と向かい合うことが、アイデアを生みます。

そうするとその2時間が、考える力を生み出す大切な時間になります。

たったの2時間が、次のいいものを生み出します。

 

こう考えると、無駄な時間はないんです。

無駄な時間の使い方に、無駄だと気付けば、それはその子が伸びる最高の時間に変わります。

 

無駄だと感じる前に、無駄だと教えると、最低の時間になります。

 

うちの生徒は、保護者に信頼されている子が多いと思います。

そういう子でないと、うちの練習は合わないと思います。

僕自身が、生徒を信頼し、見守れるように、保護者の方もそうでないと、僕と考え方が合いません。

 

信頼し、見守ることは、かなり勇気がいります。

保護者の方自身も、自分に自信がないとできません。

 

子どもは、親が思っている以上にちゃんとしています。

子どもは、親が思っている以上にちゃんとします。

 

子どもはみんなまじめです。

僕はそう信じています。

 

田中信雄入力H