田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

熱中症対策・・・

熱中症対策・・・

 

15年くらい前に小学校の体育館ですが、ひと夏で、熱中症に4・5かかり、気温や室内温度に対する後遺症があります。

だから、指導するとき、休憩や水分補給には、ものすごく気を使います。

 

熱中症は、本当に怖いものです。

しかし、気を付ければ、回避されるものだと思います。

 

  1. 休憩をこまめに取る(15分目安)
  2. アップ・ノック前後は、水分補給をさせる。
  3. 水分補給をしっかりする。
  4. 風(扇風機や冷房などのある環境で練習する)
  5. 氷や霧吹き、うちわなどを準備しておく。
  6. 無理をしない、させない。
  7. 各自で休憩をとれる環境を、指導者が作っておく。
  8. 着替えやタオルなどを多めに持ってくる。

 

僕は、熱中症体験者なので、その辛さを知っている分、自分自身も過度な練習にしないように気を付けますが、なっていない人は、指導時、特に気を使うべきだと思います。

 

特に重要なのは、声かけです。

顔色を見ながら、動きを見ながら、状態の確認をすることが重要です。

 

あえて水分補給・休憩ができるような練習メニューにする。

ノックの前後は、水分補給が出来るようにする。

 

  1. ノック
  2. 休憩・水分補給
  3. 球拾い
  4. 休憩・水分補給→①へ

というのが、密にもならないですし、熱中症対策にもなるので、理想です。

 

問題は、実は指導者陣の対策です。

15分に1回は、水分補給が出来るように、指示、お願いをして、自分で出来るように伝えておくといいと思います。

 

田中信雄