田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

負けず嫌いスイッチ・・・

フットワーク・・・

幼児から大学生までいるうちのクラブ。
最近取り組んでいることは、フットワークです。
僕は基本、シャトルを使ってフットワークをしたいのですが、
(基礎打ち・手投げノック・ノック・パターン練習・ゲーム練習)
まじめにフットワークしています。

初心者が多いクラブなので、1人ずつ見本を見せながらですが・・・、
一緒に練習。
これが結構しんどいです。
でも、一つ一つです。

見せて、一緒にやって、真似させて、身体に覚えさせる。

ことばでの指導もしますが、一緒にやる方が上達します。
これを可能にするのが、指導者育成、上級生育成です。

僕は中学生なら、3年生に指導します。
高校生でも同じです。
小学生でも同じです。

上が下を指導できることにより、先輩で頑張ってくれる。
もちろんジュニアからの経験者がいれば、立ててあげます。

そうやって出来る子は、まだできない子の指導と共に、自分の練習もあるので、自分の練習は2倍、3倍になります。

見本+指導+自分の練習です。

今まで自分の練習しかしていなかった子が、2倍、3倍練習すれば、もっと上手くなります。

もっと上手くなると、もっと出来るようになり、もっと欲が出ます。
頑張れば、もっと上手くなれることを実感します。

これが僕の指導マジックです。
自分から頑張りたい、頑張れる、頑張る…と思ったら、
あとは僕がいなくても、勝手に上手くなります。
もしくは、もっと練習メニューを与え、さらに上手くさせます。

「負けず嫌いスイッチ
どのタイミングで開花させ、どのタイミングでポチするか、出来るか、
これに早いも遅いもありません。

これが僕の指導の根源、考え方です。

田中信雄