田中バドミントンクラブ広島

にこにこ・楽しく・笑顔で・バドミントンを楽しもう

スーパースター・・・

スーパースター・・・

強い選手作りは、外見も必要です。
スポーツをする上で、競技重視になりがちになることがあります。

これは最近の僕の欠点かもしれません。

監督かコーチか・・・

あいさつ、礼儀、態度など、徐々に自分たちで考え、やってくれればいいのですが、なかなかそうはいきません。
例えば、部活であれば、キャプテン、副キャプテン、上級生が率先して声出しや後輩の指導ができます。自分が見本になりながら、チームを作れます。

例えば、クラブチームなら、一番小さい子にその役割を任せます。本当は上がやるべきことですが、上が出来ないと、下の子の方が、きちんとします。

何にせよ、あいさつが出来ない子は、弱いです。
コートに入る、出る時、お願いします。ありがとうございました。が言えない子は、弱いです。

バドミントンが強くなりたい子は・・・

バドミントンが強くなりたい子は、技術だけに目を向けるのではなく、コミュニケーションパフォーマンス能力を高めると良いでしょう。

例えば、「先生、私を強くしてください。必死に頑張ります。」と相手の目を見て伝えます。
逆に言うと「私が強くなれなかったら、先生のせいです。」という気持ちも込めて伝えます。
自分も必死で頑張る。その代わり、先生も必死で頑張って。というプレッシャーをお互いにかけるんです。

中学、高校など、練習試合が組まれることがあります。
そこで、相手の先生へのあいさつ、相手の生徒への配慮、練習や試合の態度など、正直、出来過ぎということはありません。

出来ればできるほどいいのです。その中の先生の指示があれば、それはそれ以上出来なくてはいけません。

練習で作れるもの、合同練習で作れるもの、試合、大会で作れるもの、これは色々あります。
ただ、自分が恥をかくことは、格好の恥であり、指導している先生の恥でもあります。

強くなればなるほど、人間性を見られます・・・

キャプテン(上級生)は、自分の事プラス後輩の事も考えて、常に行動しよう。

例えば、この先、うちのクラブで合同練習や試合に参加する場合、コーチ、保護者はいますが、僕の考え方は、上級生が後輩の次の事を把握し、指示を出せる行動がとれることです。

チームの良さは、個だけではないことです。上が下の面倒を見、見本になり、上級生としての役割を果たすことです。
ここに、技術やバドミントン経験は重要ではありません。技術はコートの中だけの問題です。コートの中に入っている時間よりも、コートの外での時間の方が長い。先輩は先輩らしく、年上は年上らしく、毅然とした態度で、後輩の見本になればいいのです。

技術で決めない・・・

正直、バドミントンが強いから、許されることなんてありません。先ほども言ったように、技術はコートの中だけです。コートの中だけでパフォーマンスが出来るだけです。僕もバドミントンをしているので、バドミントン選手のすごさが分かります。でも、やったことのない競技、見たことのない競技ならどうでしょう?
そのすごさは、正直よくわかりません。

選手も指導者も表面的には競技、指導実績があります。しかし、内面の人間性の方が、一般的には重要です。

選手は選手でなくなれば、実績は過去のものです。技術があればあるほど、人間性を育てないといけませんし、技術で人間性の価値は決まりません。
ただ、技術や実績がある人は、人一倍その競技を頑張り、真剣に取り組んでいることは事実です。

そういった意味で、選手に選ばれて人への敬意はあるべきだと思います。

強くて、人間的にも素晴らしい人、数少ないこんな人こそ、スーパースターなんだと思います。

田中信雄